落ち込む必要はありません。まだまだ借りられるところはあります。

給料日前の金欠の時などに、ちょっとだけお金を借りるのに便利なカードローンですが、金利が比較的低いカードローンは審査が厳しいですよね。

基本的にカードローンは「金利が低い=審査が厳しい」「金利が高い=審査が柔軟」と考えてもらってOKです。

金利が低いということは、貸す側からしてみると「利息という儲けが減る」ということです。

つまり、金利が低くなればなるほど、銀行は儲からないワケです。

そんな儲からない商品を無理して多くの人に貸し出したりしません。

銀行もバカではないので、属性が良い人、たとえば大企業勤務の年収の高い人にだったら金利が低くても貸したいと思います。

属性が良い人なら、貸し倒れの可能性は減りますし、継続して使ってもらえたら「塵も積もれば山となる」でそれなりに儲かるからです。

でも、貸し倒れの可能性が高い属性が低い人には、残念ながら金利が低い(銀行からしてみると儲からない)商品を無理して貸し出したりしません。

その結果、審査に通らないのです。

でも、落ち込む必要は全くありません。たまたま、求めている顧客像が違っただけです。

落ち込むだけ時間のムダなので、あなたが借りられるところで申し込めばいいだけの話です。

では、銀行カードローンの審査に落ちた人でも借りられるカードローン会社とその方法について説明したいと思います!

銀行カードローンの審査に落ちた人でも借りられるカードローン

大手消費者金融のほとんどは銀行グループ!

銀行カードローンの審査に落ちた人は、別の銀行のカードローンに申し込んでもまた審査に落ちる可能性が高いです。

さきほど書きましたが、そもそも求めている属性が違うのです。

でも、あなたにはあなたに適したカードローンが必ずありますので、全く気にする必要はありません。

銀行カードローンの審査に落ちた人が次に申し込むべきところは、俗にいう「消費者金融」です。

「消費者金融」といっても、昔のような悪いイメージはなく、今の消費者金融はほとんどが銀行グループに入っています。

そういう意味では、銀行からお金を借りているのとほとんど変わらないと言っていいと思います。

しかも、銀行よりも審査は柔軟なので、あなたが借りられる確率もグッと上がります。

カードローンの申込時に大切なことは、「正確な情報を入力する」ということです。

当然ですが、ウソの情報を入力しても審査には通りません。確実に落ちます。

ただ、急いで申し込んで、タイプミスをしたりして、そのせいで審査に落ちてしまうこともあるので、冷静に正確に入力するようにして下さい。

あとは、消費者金融ならどこでもいいというワケでもありません。

ちゃんと、大手消費者金融に申し込むようにして下さい。

なぜなら、大手消費者金融の方が個人融資に対するノウハウをたくさん持っているので、審査や融資までのスピードが早いからです。

銀行カードローンよりもずっとスピーディーですよ。

急いでいるなら当日融資も可能です!
サービス名 実質年率/
最大融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%
500万円
三井住友フィナンシャルグループ

Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
アコム
4.7%〜18.0%
500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ

初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
モビット »
3.0%〜18.0%
800万円
三井住友銀行グループ

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方なら電話連絡・郵送物がないWeb完結申込がオススメ。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。

3社以上のところから借り入れしている場合なら

すでに複数の借り入れがあるなら、おまとめローンという選択肢もあります!

すでに3社以上の会社から借り入れている場合、それらの借り入れを1社にまとめる「おまとめローン」の方がいい場合もあります。

というのも、すでに3社から借り入れしている人がさらに別の会社から借り入れしてしまうと、多重債務者に近づいてしまうからです。

なので、まずはここで一旦冷静になるという意味でも、1社にまとめるという選択肢を考えてみて下さい。

借金が1社だけになるということは、返済日も月1回になるということです。

今まで3〜4回あった返済日が1回になるだけでも、かなり精神的にラクになりますよね。

冷静になって完済に向けて計画的に考えられるようになるので、「おまとめローン」で1社にまとめた方がいいと思います。

おまとめローンと言うと、銀行のおまとめローンが一般的になってしまうのですが、銀行カードローンの審査に落ちた人は「また審査に通らないのでは?」と不安になるかもしれません。

そんな人には中央リテールがオススメです。金利も最高でも13%なので、今よりも金利負担が軽くできるはずです。

実際、中央リテールで借金を1つにまとめている人は非常に多いです。

対応もすごく親切ですし、親身に相談に乗ってくれるので頼りになりますよ。

おまとめローンで借金を1本化
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
中央リテール »
最高500万円まで

10.95%〜13.0%
審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。
無理のないゆとりのある返済計画のご提案。

他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。
東京スター銀行 おまとめローン »
5.8%〜14.8%

30万〜1000万円
来店不要で保証人不要。
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上の方限定。
イオン銀行のネットフリーローン »
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。

銀行は個人向け融資に力を入れている。

ATM

銀行カードローンの審査は厳しくて、審査に落ちる人も多いですが、それでも銀行は個人客を増やしたいと思っています。

実際、銀行は個人向け融資に力を入れています。

金利を下げたり、限度額を上げたりして魅力的に見える商品設定にしています。中には、金利をキャッシュバックするキャンペーンを行っている銀行もあるくらいです。

また、消費者金融のように24時間年中無休で借り入れや返済ができる銀行も増えてきました。

つまり、カードローンとしての利便性や商品力を上げて、個人客を増やそうとはしているのです。

その背景には、企業が以前のように銀行からお金を借りてくれないということがあります。

銀行から融資を引っ張ってまで設備投資をする企業も減っています。

そもそも、日本自体が人口減でパイが縮小しているので、企業も日本での投資拡大はしずらいのです。

かといって、海外に出て行く企業も限られています。

このような背景があるので、企業向け融資の需要が減っているのです。その減っている分を個人向け融資で補おうとしているのです。

また、銀行の個人向け融資と言えば、住宅ローンが最たるものですが、住宅ローンは金利がすごく低いので、利ざやがあまり稼げません。つまり、それほど儲からない商品なのです。

カードローンの方が利益率は高いので、銀行はカードローン事業に力を入れているのです。

といっても、審査はそれなりに厳しいので、心配な方は30日間無利息があるプロミスなどで申し込むことをオススメします。


30日間無利息だから利息負担が軽減 »

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。