歯医者の治療費は基本的に現金一括払いのみです。

歯医者では分割払い、ツケ、カード払いはできません。

歯医者での通常の治療は国民健康保険が使えるので、3割負担で施術を受けることができます。

つまり、5000円の治療なら1500円で施術できるということです。(5000 × 0.3 = 1500)

その代わり、歯医者の治療費は分割払いやカード払い、ツケといった支払い方法は基本的にできません。

現金一括払いが基本です。

ですから、給料日前で金欠で歯医者の治療費が払えないけど、歯が急に痛くなった時は、カードローンでお金を借りて歯医者に通うという選択肢もあることを忘れないでください。

たとえば、2万円を実質年率18%で借りて15日後に返済した場合の利息は147円です。

20000(借りる金額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(年率計算) × 15(借りた日数) = 147.945...

歯は放っておいても治りません。歯の治療は早ければ早いほどいいです。

歯を磨くだけで治らない虫歯もあることを忘れないでくださいね。

歯の治療法で一番理想的なのは予防治療です。

具体的には、年に2回ほど歯石除去に行くことをオススメします。つまり、半年ごとに歯石除去をすると虫歯になることを予防できます。

歯石除去は歯磨きでは落とせない汚れを落としてくれます。ついでに、虫歯チェックもしてくれます!

国民健康保険は2回の治療から保険が効くので、1回の治療に付き2回通う必要があります。なので、年間2回の歯石除去をしたら、計4回通うということです。

料金は1回の歯石除去で2860円ほどです。年に2回通っても5720円です。

年間5000円ちょっとで虫歯が予防できるなんていいですよね!

虫歯になったら痛いですし、治療費はもっとかかるでしょうからね。

ちなみに、歯医者で分割払いができないのは、治療費を踏み倒す患者がいるからという理由もあります。

「次回払います!」と言っても、次回来なかったら、連絡が取れなくなったりする患者さんも少なくないそうです。

また、当然ですが、ツケという概念自体が存在していません。ツケが効くのは飲み屋くらいです。あなたが治療費をツケてもらうということは、支払いが完了するまで歯医者の先生が変わりに立て替えるということですから。

そして、クレジットカードが使える病院は現状ではそれほど普及していないというのが現状です。

ですから、歯医者の治療費が払えない場合は、カードローンでお金を借りて、1日でも早く治療することをオススメします。