月の小遣い3万円じゃ急な出費があると困りますよね。

月の小遣い3万円じゃぁやっていけない。毎月、カツカツだよ。。

今、既婚サラリーマンのお小遣いが減っているようですね。。

やはり、リーマンショックとか経験しちゃうと、奥さんもまさかの時に備えて、お財布のヒモを事前に締めたくなってしまうんでしょうね。

マンションを買いたいとか子供の養育費のために、旦那が稼げるうちに貯金を少しでも増やそうという意識があるのだと思います。

女性の方が防衛本能が高いですからね。

そういうわけで、月に3万円程度しかお小遣いがもらえないサラリーマンが増えています。

月3万円ということは、1日1000円しか使えないということです。

1日1000円ならランチだけならなんとかなりそうですが、タバコ代やら同僚との飲み代も含めるとかなりきつい金額ですよね。。もう、毎月カツカツです。。

でも、生きていれば予想外の急な出費だってあります。

しかし、お小遣いの範囲ではまかないきれません。でも、急な出費でお金が欲しい・・・。

こんな時はカードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

たとえば、2万円を実質年率18%で借りて30日後に返済しても利息はたったの295円です。

20000(借りる金額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(年率計算) × 30(借りた日数) = 295.89...

家庭を守っているのは嫁さんかもしれませんが、働いているのはアナタですからね。

生活費を稼いでいるのは毎日あくせく働いているアナタです!

急な出費で困っている時くらいカードローンでお金を借りて、その場のピンチを乗り切っても罰は当たりません。

もちろん、借り過ぎはダメですよ。

でも、毎月カツカツじゃ何のために働いているのか分かりませんよね。

たまには、自分へのご褒美もあげないと仕事に対するモチベーションだって保てません。

嫁さんにバレずにお金が欲しいならカードローンを上手に使うという選択肢もあることを忘れないで下さい!