お金に困った時はカードローンでお金を借りるという選択肢もあります!

ヤバい・・・給料日前でお財布ピンチ!

こんな時ありませんか?

  • ヤバい、給料日前でお財布ピンチ!
  • 先月、無駄遣いしすぎちゃってお金ない・・・
  • 欲しいモノがあるけどお金が足りない。。
  • 今月、あと3万円あったら・・・
  • ボーナスを1ヶ月前倒ししたいっ笑
  • どうしても勉強したいことがあるけど金銭的につらい・・・
  • 海外旅行に行きた〜い!
  • 子供の学費が辛い・・・
  • 娘の習い事に金がかかる・・・
  • ってか、給料上がれ〜〜!

などなど、お金の悩みって尽きないですよね〜(^_^;)

現代社会では生活していく上で必ずお金が必要になります。

そして、多くの人はお金に困っています。欲しいものはたくさんあるけど、それを買うためのお金はたくさん持っていないのが実情です。

では、そんなお金が足りなくて困った時がきたらどうしますか?

あきらめますか?お金が貯まるまで我慢しますか?

それも1つの選択肢です。それはそれでいいと思います。

しかし、もう1つの選択肢があることを忘れないで下さい。

それはカードローンでお金を借りるという選択肢です!

今月欲しいものがあるけどお金がない・・・

2010年6月に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃され、上限金利は29.2%から20.0%へと大幅に引き下げられました。

大手カードローンだと高くても18%あたりの実質年率が採用されているようです。

では実質年率18%で5万円を借りて30日後に返済した場合の利息額はいくらなのでしょうか?

50000(借りた金額)× 0.18(実質年率)÷ 365(日)× 30(借りた日数)= 739.726....

小数点以下は切り捨てられるので5万円を金利18%で借りて30日後に返済した場合の利息は739円です!

カードローンなら5万円を実質年率18%で借りて30日後に返済すれば利息は739円!

たったの739円です。1000円以下です。ランチ1回我慢すればいいだけの金額です。

たったこれだけの利息を払うだけで、自分の目の前にある欲するものを手に入れるためのお金が手に入るのです。

この程度の利息だったら、カードローンでお金を借りるという選択肢も考えていいですよね?

もちろん、計画的にお金を借りる必要があります。借り過ぎはダメです。今の自分の収入で返済できる金額だけを借りることはすごく重要です。

ビジネスの世界ではよく「お金で時間を買う」と言います。

たとえば、M&A(企業買収)なんてまさに「お金で時間を買う」の典型です。

ゼロから会社を作って育てるよりも、既存の会社をお金で買ってしまった方が早いし、結果も出やすいということなんですね。

時間ってお金で買えないようでいて、実はお金で買えるんですね。ショートカットできるんです。

カードローンでお金を借りるとショートカットできる!

アナタが仮に簿記の資格を取りたいとします。そのためには、簿記資格の講座を受講する必要があります。

簿記資格の講座は9万8000円です。

そして、アナタの銀行口座には5万円しかありません・・・。

アナタはここで2つの選択肢に迫られます。

(1)9万8000円が貯まるまで簿記資格の講座を申し込まない。

(2)カードローンで5万円を借りてすぐに簿記資格の講座に申し込む。

どちらの選択肢を選んでもOKです。どちらも正解です。

でも、お金が貯まるまで待っていたら、簿記の資格を取りたいというモチベーションは落ちてしまうかもしれません。

なんでもそうですが、行動はモチベーションが高い時にした時が一番成果が出ます。

結果を出したいならモチベーションが高い時に行動すべきです。チャンスってそう何度も来ませんから。

いまカードローンで5万円を借りて簿記資格の講座に申し込めば、今のモチベーションが高い状態で学習することができます。

モチベーションが高いぶん、資格を取得できる可能性も高いでしょうし、なにしろ学び自体が楽しいと思います!

そして、1日でも早く簿記の資格を取得すれば、その分、その先の夢に向かっていち早く進むことができます。

お金が足りなくて困った時はカードローンでお金を借りるという選択肢もあるということを忘れないで下さい。

時間をショートカットできるという選択肢があることを・・・。